gotopagetop

Mail Magazine - Los Angeles       登録

(placeholder)

Mail Magazine - Los Angeles       登録

#格安L.A.旅行2017 の記事は、こ

れで終わりです。ありがとうございました。お客様のロサンゼルス旅行に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。ロサンゼルス旅行

は、わからないことや不安に思うことが多いかもしれません。ぜ

ひ、Travel Research Store のサー

ビスを利用し、問題を解決してください。そして、より価値の高いロサンゼルス旅行を手に入れて欲しいと思います。ありがとうございました。

さて、筆者は無事に帰国できました。成田国際空港からは、まず、リムジンバスで東京へ移動しました。そして、東京から岩手県へ、高速バスで移動しました。これ

で、帰宅、楽で格安でした。

用紙は、機内でクルーから配られます。

空港へ到着前に、税関申告書を作成します。

LAX - NRT SQ11 便の機材は、

ボーイング  777 - 300ER

Wikipedia 〉)でした。以前は A380 と呼ばれる飛行機だったの

ですが、それより小さいとのことです。筆者は、乗り心地が悪いのではないかと心配でした。しか

し、ボーイング 777 - 300ER は快

適でした。というより、シンガポール航空のサービスが優れていることが、快適なフライトの理由だと思います。

機内食は、Vegan(ビーゲン、菜食主義)を選びました。選んだのは、航空チケットを予約した時です。

そして、搭乗券をもらいます。

この時、セキュリティーチェックや搭乗ゲート、集合時間の説明を受けます。

筆者は、無事に搭乗できました。これは、とても喜ばしいことで

す。なぜなら、もしも乗り遅れたなら、航空チケットを買い直さなければならないからです。さら

に、翌日までの宿泊を確保した

り、帰国後の予定を変更することになります。お金も時間も、たくさん失うことになるのです。だから、無事に飛行機に乗れたことは幸運ですよね。

もっとゆっくりしたかったのですが、思ったより時間がありませんでした。フライトの時間が迫っていたのです。LAX には早めに行っ

て、買い物や食事、ドリンクを楽しむのは良いアイディアかもしれません。魅力的なお店がたくさんあります。

セーンドゥウィーチ(サンドイッチ)の味は、美味しかったです。ビールは、前日からずっと飲みたかったこともあり、とても美味しかったです。

筆者は、Ink.Sack で食事しまし

た。

セキュリティーチェックを通過すると、ショッピングエリアに着きます。

セキュリティーチェックでは、列に並びます。順番が来たら、靴と上着を脱ぎます。そして、トレイに入れます。機内持ち込み荷物も同様です。さらに、ジップロックと 100ml 以下の容器に入れた液体

がある場合は、バッグから出します。また、ラップトップ PC も、

バッグから出してトレイに置きます。係員の支持で、身体検査を受けましょう。

カウンターでは、パスポートを見せます。すると、スタッフが予約を確認してくれるでしょう。それから、荷物を預けます。機内に持ち込めない大きなスーツケースなどです。お預け荷物には、重量の制限があります。重さを計られ、超過している場合は、他のバッグに入れ替えるか、料金を支払います。

空港に着いたら、チェックインします。航空会社のカウンターに並ぶのです。筆者は、インターネットチェックインの列に並びまし

た。

移動方法は、いくつかあります。今回は、LyftSuper Shuttle から選びました。これらは、運賃が最安ではありませんが、楽なのです。比較した結果、スーパーシャトーのほうが安かったので決めました。

筆者の場合は、ロサンゼルス旅行をお客様にも分けて差し上げることで、信頼を頂いています。もしも筆者が「自分だけが良い」と考えていたなら、得られる幸せはわずかだったと思います。ただただ他の誰かが嫉妬するような旅行をして、ソーシャルメディアで自慢するだけだったとしたら、ただの嫌なやつです。それは嫌だから、筆者は旅研究家として活動しています。他のみんなだって、ロサンゼルス旅行したいはずです。「他の誰かも良い」を基に行動し、多くのお客様から信頼され、アイテムを買って頂き、対価を頂いています。やはり「自分だけが良い」より「他の誰かも良い」ことをやるほうが、得られる幸せは大きいと思います。

「他の誰かも良い」を基にした行動から得られる幸せは、より豊かです。例えば、目の前にあるケーキを全部自分のものにすると、その時は幸せです。そして、それで終わりです。いっぽうで、ケーキを他の誰かにも分けてあげると、後からクッキーを分けてもらえるかもしれません。幸せですよね。さらに、もしも目の前にあるケーキを独り占めしたなら、他の人から「あいつはケーキを独り占めするやつだ」と思われるでしょう。信頼を失いますよね。

「自分だけが良い」を基にした行動で得られる幸せは、わずかで

す。

なぜなら、自分が幸せになる方法だからです。

「自分だけが良い」でなく「他の誰かも良い」。これはロサンゼルス旅行だけでなく、生活の多くの場面で大事な基準だと思います。

いっぽうで、部屋が汚いままチェックアウトすると、自分は楽で

す。ですが、良いのは自分だけでしょう。

なぜなら、自分以外の人にとって良いことだからです。

でも、軽くきれいにしたほうが良いでしょう。

部屋の掃除は必ずする、というわけではありません。

部屋の掃除も終わりました。

バッグは、3 つになりました。筆

者はポスターを買いました。それを、潰れないようにキャリーケースに入れたのです。そして洗濯物などを、レスポのバッグに詰めました。レスポのバッグは、折りたたんで持参したものです。

さて、荷物をまとめました。

筆者の力不足で、より多様なロサンゼルス旅行の様子を紹介でき

ず、申し訳ございません。

もしも筆者が、他のモーテルにも泊まることができたなら、お客様にお見せできたでしょう。

お客様に、多くのモーテルを紹介できないからです。

ですが、良いのは筆者だけだと思います。

移動せずに済んで楽だからです。

これは、筆者にとっては良いことでした。

ですが、断られてしまったので、同じ宿に泊まり続けたのです。

一応、電話したのです。

ですが、できるなら他の宿にも泊まりたかったです。

居心地がよく、とても快適な宿泊でした。

結局、筆者はこのイーストゥサダーモーテーオに 5 連泊しました。

Eastsider Motel です。

無事にモーテルへ帰って来ることができました。

電車での移動を諦めた筆者は、

Lyft を利用しました。

「待っていればそのうち来るだろう」筆者はそう思っていました。あとで時刻表(LA Metro 〉)を

調べて見ると、どうやら午前 3 時

台は走ってないようです。

しかし、電車は来ませんでした。

利用しようとした交通手段は、

Metro Rail Blue Line(メッチョ

ロー レーオ ブルー ラーイン、電

車)でした。

筆者は、モーテルへ帰ろうとしました。

その前に、荷物をまとめる必要があります。

筆者は、空港へ移動しなければなりません。

この日は旅の最終日、と言って

も、この時すでに日付は変わっています。数時間後、帰国のフライトが出発してしまうのです。

そして、ディオリジノーペーンチョリーカーフェーにたどり着い

た、というわけです。

筆者は、ロサンゼルスの街を寝ずに歩き回りました。

さて、この日は現地 10 日目、旅

の最終日です。

味は普通でした。値段は、13.92 ダラーでした。

注文した料理はたしか、Bacon & Eggs, Potatoes & toast だったと

思います。

The Original Pantry Cafe(ディ オリジノー ペーンチョリー カー

フェー)に来ました。

さて、LAX(ロサンゼルス国際空港)へ移動します。

#格安L.A.旅行 2017 Sep 38 of 38

帰国の日、失敗できません。