gotopagetop

Mail Magazine - Los Angeles       登録

(placeholder)

Mail Magazine - Los Angeles       登録

とてもおいしかったです。バーガーは、Vegan(ビーゲン、菜食主義)を選びました。おそらく肉を使ってないのだと思いますが、そのことを信じられない味でした。

Golden Road Brewing 〉

筆者はさらに食べました。

The Oyster Gourmet 〉

エルエーでは、かきはわりと安く食べることができます。行ったら食べたほうが良い、名物のようなものかも知れません。

とてもおいしかったです。

かき。この旅 2 度目です。

筆者は、食事をしました。

さて、建物内に、ネオンのアートが展示されていました。可愛いですよね。

このことは、撮影者の見た目や年齢が重要だと思います。例えば、いかにもプロカメラマンのような人が、素晴らしい作品を撮影していそうな姿を、一目で人に分からせることができれば、写り込んでも良い、むしろちょっと写りた

い、などと思ってくれるかもしれません。または、撮影者が可愛い若者だった場合も、それをとがめることは難しいでしょう。いっぽうで、筆者のような人にカメラを向けられた場合、多くの人は不快に思うかもしれません。これらの考えは、筆者が過去 10 年間、エ

ルエーに行き撮影してきて感じたことです。筆者も、以前は若者でした。しかし近年は、他人の対応が変わったと感じます。それは、他人から見て、筆者は若者ではない、ということでしょう。

実際は、人は写り込んでいます。そして、インターネットへの公開前にレタッチし、個人情報を保護しています。しかし現場では、そのことを伝えられないのです。だから、撮影時は気を使います。筆者は、ティーシャツを作ろうかと思うほどです。「I HAVE PRIVACY POLICY」私はプライバシーポリシーを持っています、とプリントされたティーシャツを着れば、現場の人々は安心できるかもしれませんよね。「あ、この人はプライバシーポリシーを持っているんだ、なら安心だ」と。

だから筆者は、なるべくカメラを人に向けないようにしています。「私はあなたを撮っていません

よ」という態度を示すことで、安心していただくためです。

写真を撮られたくない、写り込みたくない、カメラを向けないでほしい、と思う人がいるかもしれないからです。

ちなみに、筆者は撮影を、他人に気を使いながら行なっています。

Grand Central Market(グレーン センチョー マーケートゥ)に到着

しました。ここに多くの飲食店が集まっていて、食べ物を買うことができます。

Angeles Flight( エンジョロース フラーイトゥ)も見えました。短いモノレールです。

グレーンセンチョーマーケートゥが見えました。ポーシンスクエアーステーイシュンの、北の入り口からです。

ポーシンスクエアーステーイシュンです。筆者が出た所と違う、別の入り口にたどり着きました。

結果は、遠回りだったけど合ってた、です。

これらの理由により、筆者はスマホで経路を確認しませんでした。代わりに、記憶を頼りに歩いてみた、というわけです。

もしもそのような状況で、スマホのインターネット通信を使うとしたら気が滅入ります。ページ遷移やタップの反応など、接続を待たなければならないからです。さらに、テキストを入力するとしたら悲惨です。ある程度の集中力が必要になるからです。

こういう場面では、あまりスマホを見たくありません。というの

も、面倒くさいからです。特に、天気が良いとなおさら。日差しが眩しいと画面が見にくく、サングラスは外さなければなりません。

「たぶんあっちだろう」と予想できたのは、事前に地図を見ていたからです。日本で旅を計画中、移動ルートを想定します。それは、Google マップで行いました。そし

て現地では、Google マップを思い

浮かべるのです。「こっちがポーシンスクエアーだから、たぶんあっちだろう」。

「こっちがポーシンスクエアーだから、たぶんあっちだろう」そう考え歩いたのです。

筆者は、勘で進みました。

さて、まずは Grand Central Market(グレーン センチョー マーケートゥ)へ行きたいです。

ポーシンスクエアーステーイシュンの向かいには、Pershing Square と呼ばれる公園がありました。

さて、ポーシンスクエアーステーイシュンの地上に出ました。

このように、筆者は Metro Rail

(メチョロ レーオ、電車)を利用

し移動しました。しかしこの場合は、UberLyft など、ライド

シェアーの利用が便利だと思います。それは、宿から目的地まで近いからです。筆者が電車を利用した理由は、メチョローが好きで、乗り換えや地理などの知識があるからです。お客様は、お好きな移動方法を選ぶことができます。

可愛いですよね。

ポーシンスクエアーステーイシュンには、ネオンのアートが展示されていました。

さて、筆者は電車を乗り換え、

Pershing Square Station(ポーシ

ン スクエアー ステーイシュン)へ

向かいました。

セブンスチュリーメッチョローセーンターステーイシュンの壁に

は、アートの展示がありました。

Blue Line から Red Line に乗り換

えるためです。

7th Street/Metro Center Station

(セブン スチュリー/メッチョ

ロー センター ステーイシュン)に

来ました。

ところで、この日は現地  9 日目で

す。出発は、ダウンタウンと呼ばれるエリアに近いモーテルから。

さらに、周囲からの刺激が多いです。車の騒音、近くを歩く人々、そびえるビル群、珍しい建築な

ど。次々と情報が入り込んで来ます。そのような騒々しい場面で、小さなスマホの画面に集中することは困難かもしれません。筆者は苦手、とてもわずらわしいです。

タスクは、ダウンタウンを観光

と、ハリウッドで映画鑑賞です。

電車に乗りました。

駅は、San Pedro Street Station

(セン ピードロー スチュリー ス

テーイシュン)。Metro Rail Blue Line(メッチョロー レーオ ブルー

ラーイン)に乗ることができま

す。

#格安L.A.旅行 2017 Sep 33 of 38

オイスター、ビール、バーガー。