gotopagetop

Mail Magazine - Los Angeles       登録

(placeholder)

Mail Magazine - Los Angeles       登録

移動は、Lyft(リーフツ)を利用しました。モーテルと会場の往復です。とても便利でした。

この駅には、Blue Line も停まりま

す。だから、乗り換え、モーテルに帰るのです。

手段は、Metro Rail Expo Line

(メチョロ レーオ エクスポ ラー

イン)です。

さて、筆者は Pico Station に来ま

した。

このような体験ができると、自分は天才なのではないかと感じ、自信や誇りを感じ、気分が高揚しますよね。

筆者がここに来る機会を得られたは、危機のおかげだと思います。

17th Street / SMC Station に

は、ほとんど来ることがないと思います。

克服すると、素晴らしい景色を撮影できるチャンスが訪れました。

この時は、バイックシェアーを返却できない、というピンチに遭遇しました。

旅は、ピンチがチャンスに変わる瞬間を体験できるから楽しいですよね。

結果、無事に目的を果たすことができました。

それを思い出した筆者は「たしかあっちにもあったな」と思い、バイックシェアーの返却場所を変更したのです。

筆者は、その記事をインターネットで調べていたのです。

というのも、ちょうどこの時期

「サンタモニカにバイックシェアーができる」と話題でした。

筆者は、隣の駅にもバイックシェアーステーイシュンがあることを知っていたのです。

当時は、少し焦りました。なぜなら、自転車を返せないからです。でも、筆者は知識があったから対処できました。

じつは、予定では Downtown Santa Monica Station で返却する

はずでした。ところが、そこは満車だったのです。

バイックシェアーは、ここで返却です。

筆者は、17th Street / SMC Station に到着できました。

この辺りまで来ると、お店の数は少なくなりました。

さらに進むと、Santa Monica Civic Auditorium と呼ばれる施設

がありました。

可愛い商店がありました。もし

も、全てのお店がチェーン店な

ら、世の中はつまらなく感じるかもしれません。個性的なお店があると、少し楽しいかもしれませんよね。

筆者は、さらに進みました。ベニスからサンタモニカへ向け、メインーストゥリートゥを北へ走ったのです。

この付近にも、多くのお店が並んでいました。バス停もありまし

た。旅の目的地に適していると思います。

さらに進むと、Hollister(ハーリスター)と呼ばれる通りとの交差点に着きました。

もしも、この辺りの宿に泊まり数日間生活できたなら、楽しそうですよね。

さらに進むと、可愛いリカーストアがありました。

通ったのは、Main(メインー)と呼ばれる通り。商店街でした。

筆者はこの夜、アウトドアムービーに参加しました。それは、感動するほどのイベントでした。タコスとカクテルがありました。多くの若者がいらっしゃいました。筆者の好きなものが集まっていて、もう、このようなイベントが存在していることに嬉しいと感じました。

筆者は、無事にモーテルへ帰って来ることができました。この日

も、レンタカーを使わずに移動しました。サンタモニカやベニスへ行くことができ、楽しかったで

す。

筆者はその後、サンタモニカへ向けて自転車を走らせました。

大きな彫刻がありました。Giant Binoculars(ジャーイエントゥ  バ

イナーキュロース、巨大双眼鏡)と呼ばれ、Claes Oldenburg と Coosje van Bruggen による 1991 年の作品のようです。Public Art In Public Place 〉

Google(グーゴー) に来ました。

ところで、この日は現地 8 日目で

す。筆者は、アーボッキーニーと呼ばれる通りから移動して来ました。手段は、バイックシェアー

(共有自転車)です。

場所は、ベニスと呼ばれる地域です。

#格安L.A.旅行 2017 Sep 32 of 38

夜、アウトドアムービーへ。